通信制高校の学費はどれくらいかかるのか

サポートなしで無事に卒業ができる人はたった20%から30%

通信制高校 / 通信制高校の特徴~全日制とはこんなに違う! - 通信制高校広場

公立とは違って私立の場合は授業料とか入学金以外にも施設設備費とか教育関連諸費など、学校によっていろいろなお金がかかる場合が多いです。
入学金は、10,000円から50,000円が一般的でここでも大きく開きがあることがわかります。
私立だと安いところでは年間20万円、高いところだと80万円くらいです。
指導方法とかスクーリングの日数なども千差万別なので、いちがいに安いか高いかだけでは比較とか判断できない部分もあります。
私立で考える場合は、まずは担任教師のサポートを受けられるかどうかを決めないといけません。
これは最初に親子で話し合ってきめておく必要があります。
入学をしてから卒業をするまで、自分の力で単位を取得してスクーリングもきちんと出席できそうという学生の場合は特にサポートがなくてもやっていける場合が多いです。
ここできちんと理解をしておくべきことは、サポートなしで入学をして無事に卒業ができる人というのはなんとたった20%から30%に過ぎないという点です。
少しでも自分は途中でくじけてしまうかもしれないとか自信がないという人は、多少お金かかってもサポートを受ける方が賢明です。
担任教師のサポートを受けられる高校を選ぶ場合は、自力で卒業をする高校と比べるとどうしてもお金はかかります。

公立か私立によってもかかるお金はだいぶ違ってきますサポートなしで無事に卒業ができる人はたった20%から30%一人で卒業までたどり着く自信がない場合には、私立を選んだ方が安心