通信制高校の学費はどれくらいかかるのか

公立か私立によってもかかるお金はだいぶ違ってきます

通信制高校に通いたいと思った場合、多くの人が気になるのが学費です。
公立か私立によってもかかるお金はだいぶ違ってきます。
公立の場合はほとんど無料で受講することが可能ともいわれています。
東京都の公立だと入学金は500円で受講料は1単位あたりがなんと336円です。
卒業をするまでに必要な単位は74単位なので、25,000円以内で卒業可能ということになります。
その他にも教材費などの諸費用が必要になりますが、多くても約3万円くらいです。
県によって料金には若干違いがありますが、年収910万円未満で諸条件を満たしていたら無料になります。
就学支援金を受けられる世帯は、実質無料ということになっているのですがこの910万円というのはボーダーラインで多くの家庭が使えるようになっています。
この就学支援金が支給されると、入学をする際に受講料を前払いする必要が出てきますが後からきちんと戻ってくるので実質無料になるというわけです。
そうなると諸費用をいれたとしても1万円から2万円あれば卒業できるということになるので、お金の面で進学を諦めているという方には朗報になります。
さらに授業料等減免制度の対象になる世帯になると、入学金の500円も免除になることがあります。
就学支援金とか授業料等免除制度については、それぞれの市町村の役場などで教えてもらえます。
公立の通信制高校は学費が安いというメリットがありますが、サポート体制がほとんどないということも理解しておかないといけません。
公立だから安いという理由がありますが、安いのにはサポート体制が入学をしてから卒業をするまでほとんどないからとも言えます。
自力で頑張って卒業ができるという自信がある人ならいいですが、もしも途中で挫折をしてしまうかもという気持ちがある人は学費が多少かかったとしても私立の通信制高校に行くことをおすすめします。
一言に私立の通信制高校といっても学費には開きがあります。

色んなことを頑張るアカウントにします( ఠ͜ఠ )🔅
通信制高校に転校したばかり
声優の授業を受けながら勉強する予定🗣
好きな教科 (倫理 生物基礎 英語)
苦手な教科(圧倒的数学‼️)
お友達探し中🤟#勉強垢さんと繋がりたい #勉強垢さんでいいねした人全員フォロー #勉強垢さんと一緒に頑張りたい pic.twitter.com/BxjZMFPWzw

— わに (@unini931) February 20, 2020

公立か私立によってもかかるお金はだいぶ違ってきますサポートなしで無事に卒業ができる人はたった20%から30%一人で卒業までたどり着く自信がない場合には、私立を選んだ方が安心